番組試聴配信コーナー

第52回放送 (平成28年3月3日放送分)New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2852-1292016-03-03.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2852-2292016-03-03.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル84「仮設きずな新聞 発行終了 つながりはこれからも
 以前この番組でもご紹介した、仮設きずな新聞は、東日本大震災で支援に入った一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンターが2011年10月から発行しているものです。地域の方々や、遠方から訪れたボランティアの手で仮設住宅に直接とどけられているものです。仮設絆新聞編集長のいわもとあきこさんにお話を伺いました。
お話を伺った時点で、仮設絆新聞は111号を発行していました。いわもとさんは13号から記事を書くなどして携わり、34号からは編集長として、月に2回 新聞を発行しています。新聞は、ボランティアの皆さんによって、仮設住宅に一軒一軒声をかけて配達されます。たくさんの人のに手伝ってもらった配達でした。
 2011年6月から、石巻市開成地区の仮設住宅にお住まいだったうつみみやこさん。うつみさんは2015年10月から、震災前に住んでいた地区に近い 石巻市渡波の復興公営住宅にいらっしゃいます。これまでずっと読んでいた仮設絆新聞が終わることに関して思うことをうかがいました

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第51回放送 (平成28年2月6日放送分)New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2851-1292016-02-06.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2851-2292016-02-06.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル83「あの日から5年、浜谷勝美さんの今
 今回は、石巻アーカイブスプロジェクト第一回放送で取材しご出演いただきました、宮城県石巻市の浜谷勝美さんに「あれから5年」
現在のご様子や想いなど再びお話を聞きました。
 浜谷勝美さんは現在、市内の仮設住宅に家族4人で暮らしています。東日本大震災発生前は、石巻市門脇町にあった自宅兼店舗で甘春(かしゅん)という和菓子店を営んでいました。自宅兼店舗は、海から川からきた大津波に押し流されましたが、無事だった家族とともに山の上にある中学校の避難所へ身を寄せました。避難所生活をしながらも消防団活動に従事され、人命救助から被災家屋の巡視、瓦礫置き場で時折発生した火災の消火活動など、ご自身も大変な状況ながら地域のためにと一生懸命に取り組む姿に多くの人が励まされたと思います。
 あれから、まもなく5年が経とうとしています。現在のご様子を伺いたく、久しぶりに連絡をとりました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第50回放送 (平成28年1月3日放送分)New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2850-1292016-01-03.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2850-2292016-01-03.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル82
       「後ろからささえる支援 ストレイカージョナサンさん、ストレイカー慶子(みちこ)さんのお話
石巻市渡波黄金浜に住む、東北復興支援機構のストレイカー夫妻は、震災後、この地域に移り住み、支援を行っています。
ボランティアの内容としては、震災直後は瓦礫撤去などの力仕事が多くありましたが、時間がたつにつれ、地域が求める支援は変わってきました。ストレイカー夫妻は、地域の方々が、自分の持っているものを(能力や人脈など)持ち寄り、より良いステップへ進むよう、心をくだいてきました。ジョナサンさんは、お子さんの通う幼稚園のPTA会長もつとめるなど地域に溶け込むお二人ですが、地域の歯車が回ってきたのを感じ、出身のカナダに戻る予定。
「被災者ではなく開拓者の精神をもって」地域を盛り上げてほしいとストレイカー夫妻からのメッセージです。

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第49回放送 (平成27年12月5日放送分)New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2849-1292015-12-05.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2849-2292015-12-05.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル80「復興へ!さらなる前進。石巻新市街地まちびらき」

 宮城県石巻市が東日本大震災後に土地区画整理事業で整備している新しい市街地の「まちびらき」が11月3日、石巻市西部に位置する新蛇田防災集団移転団地で行われました。

現在、整備が進められている新市街地は、新蛇田防災集団移転団地を含め市内に6ヵ所あります。これら新市街地では、あわせて1444区画の宅地を供給する計画です。また、平成27年度から入居が本格化している復興公営住宅に関しては、あわせて1,263戸を整備する予定で、最終的には7,000人もの人々が移り住む計画となっています。
11月3日に行われた「まちびらき」記念式典には、国や県をはじめ石巻市へ被災地応援職員を派遣している全国各地の行政関係者、地域住民など、あわせておよそ300人が来場しました。


アーカイブスファイル81東日本大震災からの復興 ~石巻市での新しい街づくり~ 増田敬さんに聞く
2011年3月11日。東日本大震災による大地震と巨大津波によって住まいを奪われた人々は、応急仮設住宅やみなし仮設住宅、身内の家に身を寄せるなど生活が一変しました。
 震災発生直後、石巻市では134の応急仮設住宅団地が整備され、およそ7,000の世帯が入居しました。2015年11月1日現在は、133の団地に4,517世帯9,562人が住んでいる状況です。震災発生からおよそ5年。自立再建住宅や復興公営住宅への転居等で仮設を離れる人も増えてきているところです。
 そこで今回は、石巻市の西に位置する新市街地、新蛇田防災集団移転団地の公営住宅に住む、増田敬さんにお話を伺いました。増田さんは、今年春に新居に移ってきたばかり。以前は、市内にある仮設住宅に住んでいました。仮設住宅を離れたものの、現在も石巻仮設住宅自治連合推進会の会長をつとめ、同時に現在住む新市街地のコミュニティ形成にむけ活動しているメンバーの一人でもあります。街づくりへの想いや、被災体験談等、お話を伺いました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第48回放送 (平成27年11月1日放送分) New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2848-1292015-11-01.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2848-2292015-11-01.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル79「笑顔で笑顔を届けたい 復興ボランティアグループ『マキコでございま〜す!』
             代表・藤井麻貴子さんのお話」

 今回は震災後、車両系建設機械・重機の免許を取得し、被災地に移り住み、日々笑顔を届けようと活動している女性復興支援ボランティアグループ「マキコでございま〜す!」代表の藤井麻貴子さんさんにお話を伺いました

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第47回放送 (平成27年9月11日取材分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2847-1292015-09-11.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2847-2292015-09-11.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル77「クリエイティブの力で東北を世界へ発信!クリエイティブサマーキャンプin石巻」

今年夏に宮城県石巻市などで開かれた、「クリエイティブサマーキャンプ」についてご紹介。
 これは、東北の魅力をCM映像やインタラクティブで表現し発信していこうとmy Japan等が主催して取り組んでいる事業で、去年に引き続き今年も若手クリエイター達がイベント開催地に集い作品を仕上げ発表しました。8月30日に行われた石巻コンテストの模様を取材しました。

 出演者:CMディレクター・クリエイティブサマーキャンプ 校長 中島信也さん
     クリエイティブディレクター・パーティ伊藤直樹さん
     他、受賞者の喜びの声

アーカイブスファイル78
     「東日本大震災被災沿岸部で進む巨大防潮堤建設を考える。宮城県気仙沼市本吉町小泉海岸の状況」
 東日本大震災の被災した沿岸地域で建設が進められている防潮堤について、石巻地方を離れ宮城県北東部に位置する気仙沼市本吉町にある小泉地区の「小泉海岸及び津谷川の災害復旧事業を学び合う会」事務局長の阿部正人(まさひと)さんに伺いました。
 小泉沿岸・津谷川河口付近では、底辺(幅)90m、高さ14mの防潮堤建設が進められています、周辺住民のほとんどは、高台へと移住している中、その防潮堤は本当に必要なのか?阿部さんのお話です。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第46回放送 (平成27年8月13日取材分) New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2846-1292015-08-13.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2846-2292015-08-13.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル76石巻市復興まちづくり情報交流館館長 リチャード・ハルバーシュタットさん」
 イギリス出身のリチャードハルバーシュタットさんは、石巻で暮らして20年以上になります。
震災当時は石巻専修大学で英語を教えていました。震災直後の石巻の様子や、避難状況、そして、イギリス大使館から母国へ戻るよう、避難勧告されるも石巻に残ったリチャードさん。石巻から伝えたいこと、これからの石巻に思うことを伺っています。
 そして、2015年春に開館し、リチャードさんが館長を務める、石巻市復興まちづくり情報交流館について紹介いただいています。


今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第45回放送 (平成27年7月11日取材分) New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2845-1292015-07-11.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2845-2292015-07-11.mp3ファイル名押下で再生

「2015夏・石巻地方の海」
 この番組の取材エリアとしている宮城県の石巻地方、石巻市・東松島市・女川町は、海に面したまちで、釣りや海水浴、サーフィン・ヨット・ダイビングなどマリンスポーツが楽しめるところでもあります。東日本大震災が発生する前は、各自治体が開設する海水浴場が14箇所ありましたが、今シーズンは、石巻市の離島・網地島(アジシマ)にある網地白浜と北上地区にあります白浜の2箇所のみとなっています…。

アーカイブスファイル75「宮城県東松島市宮戸 佐藤康男(さとう やすお)さんの3.11

今回は、宮城県東松島市宮戸の佐藤康男さんにお話を伺いました。佐藤さんが住む宮戸は、日本三景・松島の東に位置し、海と山が織り成す自然豊かなところです。主な産業は、漁業・農業・観光業となっています。宮戸地区は、大浜・室浜・月浜・里浜の4つの浜に集落がありましたが、大津波によって大浜・室浜・月浜は、家屋がほぼ全壊。地区内の家屋のおよそ80%が流出したといわれています。大浜に住んでいた佐藤さんの家も流されました。その後…。


今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第44回放送 (平成27年6月14日取材分) New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2844-1292015-06-14.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2844-2292015-06-14.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル74石巻市長面浦・長面浦【海人の家はまなすカフェ】支援のネットワーク」
はまなすカフェ代表、濱畑千代子さん、坂下清子さんに、津波で何もかもなくなってしまった長面浦に作った「海人の家」で、毎週日曜日にオープンしているはまなすカフェについて伺いました。
 さらに、東京から月に1回~4回現地に通ってコーディネートをされている中島みゆきさんに、これまでのお話を伺っています。長面浦では、今後、水没している箇所で排水をし、大規模な行方不明者捜索が予定されています。


 5月30日に全線開通再開したJR仙石線。その開通記念式典での宮城県村井嘉浩知事の挨拶、そして再開にあたり内陸側に移動され、新しくJR野蒜駅が建てられた宮城県東松島市阿部秀保市長の挨拶、そして、野蒜小学校5・6年生による太鼓の演奏など、JR仙石線の開通により、また日常が一つ戻ってきた喜びをお伝えしています。


今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第43回放送 (平成27年5月15日取材分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2843-1292015-05-15.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2843-2292015-05-15.mp3ファイル名押下で再生

平成27年5月現在の"いしのまき"の様子」

この5月、仙台市と石巻市を結ぶJR仙石線が全線開通しました。震災から四年以上が経過した”いしのまき”の今をお伝えします。


アーカイブスファイル73「タクシー・ドライバー 佐々木貞彦(ササキ サダヒコ)さんの3.11」

石巻市内のタクシー会社で乗務員として勤務されている男性のお話です。
佐々木さんの勤める「ひばりタクシー」は、宮城県石巻市中浦というところに事務所があります。
ここは、石巻工業港という港からおよそ1kmと海がほど近くにあり、大津波が容赦なく押し寄せてきた地域です。
市内にいた佐々木さんは地震発生後、事務所へと戻りましたが・・・。


今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第42回放送 (平成27年4月22日放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2842-1292015-04-22.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2842-2292015-04-22.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル72「石巻市 寄磯浜 マルキ遠藤商店 遠藤由紀さん」

石巻市寄磯浜で、海産物の加工、販売を行っているマルキ遠藤商店 遠藤由紀さんの震災当時のお話と、
東京での避難生活で感じたこと等、その後寄磯浜に戻るきっかけや、
新しく立ちあげたブランド「YORIISO」についてなどを伺っています。


今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第41回放送 (平成27年3月18日放送分) New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2841-1292015-03-18.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2841-2292015-03-18.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル70
川柳と歌と、ご近所さんと。小さな幸せを大切に あれから4年 武山久仁男さんの3.11

宮城県石巻市小船越(こふなこし)・追波川(おっぱがわ)河川仮設住宅在住の武山久仁男さん(75)は、
石巻市長面(ながつら)という海に面した街に住み、奥様と衣料品店を営んでいました。
地震直後、ただならぬ事態を察した武山さんご夫妻は、自宅から離れた地区内の寺へと高齢者を避難させるサポートを行っていました。
ところが、そこに大津波が襲来。二人は津波にのまれ離れ離れに。久仁男さんは、地区内の養鶏場の屋根に漂着しましたが、そこから動ける状況ではなく、凍てつく寒さの中ひとりずぶ濡れのまま一夜を過ごしました。
そして…、

アーカイブスファイル71
「石巻チャリティイベント 菅野潤・ゲルティンガー祥子 ピアノデュオコンサート開催」

世界を舞台に活躍する、宮城県出身のピアニスト菅野潤さんとゲルティンガー祥子さんによる
ピアノデュオコンサートが、3月7日石巻市で開かれました。
・お二人のステージ挨拶~演奏曲「インファンテのアンダルシア舞踏曲より
・コンサート終了後のインタビュー

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。





第40回放送 (平成27年2月18日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→2840-1292015-02-18.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2840-2292015-02-18.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル69「3.11あの日から、元東浜地区災害対策本部長 豊島富美志さん

石巻市牧浜に住む豊島富美志さんは、家業であるかき養殖を中心に海の仕事をしています。
発災後、東浜地区およそ400名の住民の命と生活を守る浜の災害対策本部長をおよそ7ヶ月間に渡り務めました。
今回は、その頃のお話を伺いました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第39回放送 (平成27年1月21日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2839-1292015-01-21.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2839-2292015-01-21.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル67「~二十歳の誓い~ 平成27年石巻市北上地区成人式からのメッセージ」

東日本大震災から3年10カ月となった1月11日、被災地域の自治体でも成人式が開かれ、振袖や袴・スーツ姿の新成人たちが大人への一歩を踏み出すとともに、復興への決意を新たにしました。石巻市北上地区の成人式をリポートします。

アーカイブスファイル68「~二十歳の誓い~ 地元大学生に聞く 増子尊哉君・八重柏わかさんの3.11」

成人を迎えた地元大学生の話です。
出演:石巻専修大学2年増子尊哉君・八重柏わかさん
東日本大震災発生時、二人は高校1年生。増子君は宮城県仙台市内に、八重柏さんは岩手県一関市内にある高校で被災しました。
高校生が経験した震災を語るとともに、震災発生から2年後に石巻の大学に決めたこと、そして現在の様子など伺いました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第38回放送 (平成26年12月17日ラジオ石巻放送分) New_Icon_rd_01.png

WindowsMediaPlayer形式→→2838-1292014-12-17.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2838-2292014-12-17.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル65「石巻市小淵浜 目黒繁明さんのお話

目黒さんの3.11のご体験のお話しと、避難所となった割烹民宿めぐろについて、そして今年リニューアルオープンした経緯等を伺いました。

アーカイブスファイル66「『浜へ行こう』地域と支援のつながり」

地域の声を受けて、特定非営利活動法人JENの協力で行われている「浜へ行こう」は、今回で13回目。昼食交流会に伺い、お話しを聞いてきました。

今回のナビゲーターは後藤恭子です。




第37回放送 (平成26年11月19日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2837-1292014-11-19.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2837-2292014-11-19.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル63「音楽でツナガル…。ドイツ シュトゥットガルト室内管弦楽団が街にやって来た」

ご出演:シュトゥットガルト室内管弦楽団、ボッシュコーラスボランティア、東松島市ふるさとを歌う合唱団
豊かな音色で、被災地に住む人々に癒しのひとときを過ごしてもらおうと、ドイツのシュトゥットガルト室内管弦楽団によるコンサートが10月10日・11日の2日間、宮城県東松島市で開かれました。
曲名:ふるさと

アーカイブスファイル64「震災に負けずがんばっています!地元に戻って食堂再開・えんまん亭 遠藤惣之助さんの3.11」

今回は、宮城県東松島市の野蒜という地区に住み食堂を営んでいた、遠藤惣之助さん74歳のお話です。あの日、あの時…。遠藤さんは店の調理場にいました。津波が来ると知り避難したものの夫婦ともに大津波にのまれ、死を覚悟したほどだったということです。あれから3年と7ヶ月、元あった店舗の近くに「えんまん亭」を再建、10月27日新たな一歩を踏み出しました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第36回放送 (平成26年10月15日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2836-1292014-10-15.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2836-2292014-10-15.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル62「仮設きずな新聞 編集長 岩元暁子(いわもと あきこ)さん」

今回は、石巻市内の仮設住宅約7000戸に配布されている仮設きずな新聞 編集長 岩元暁子さんにお話を伺っています。ご自身が石巻の支援に携わるいきさつや、新聞の発行、配達にまつわるお話などを伺っています。

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第35回放送 (平成26年9月17日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2835-1292014-09-17.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2835-2292014-09-17.mp3ファイル名押下で再生


アーカイブスファイル61「まちを耕し・ひとを育む 石巻・川の上プロジェクト 三浦秀之さんに聞く」
(石巻・川の上プロジェクト理事・運営委員長)

東日本大震災の被災地石巻市では、 復興公営住宅の建設、防災集団移転に伴う造成工事などが進められ、市民はその完成を見守っている所であります。
そんな中、数年後に完成、実施される防災集団移転へむけて、人と人とをつなぐ新たなコミュニティ作りの拠点をつくろうと活動しているのが、石巻・川の上プロジェクトのみなさんです。
石巻市は河北地区内で、活動している彼らの取り組みをご紹介しています。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第34回放送 (平成26年8月20日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2834-1292014-08-20.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2834-2292014-08-20.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル60「石巻市鹿妻 奈良坂京子(ならさかきょうこ)さんの3.11とその後」

今回は、石巻市鹿妻 奈良坂京子さんの震災体験と、震災後、自宅を改築し、「ゲストハウス みらい」を起業した経緯などを伺っています。

「ゲストハウス みらい」詳細はこちら

http://guesthouse-mirai.com/

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第33回放送 (平成26年7月16日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2833-1292014-7-16.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2833-2292014-7-16.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル58「復興を祈願 石巻市長面の八雲神社例祭(石巻市長面・八幡神社宮司/高橋範英さん)」

長面地区は災害危険地帯に指定されており集団移転の対象地となっています。
その地に住むことはできません。住民の多くは仮設住宅等に住み移転地の完成を待っていますが、長面のみなさんの故郷への想いは熱く、地域コミュニティを維持していこうと地元神社の祭りには、多くの住民が駆けつけます。
震災後3回目、今年の例祭は7月13日に執り行われました。


アーカイブスファイル59「石巻市長面の三條経三郎さん・すみゑさんご夫婦の3.11」
ご出演:石巻市長面 三條工務店社長 三條経三郎(きょうざぶろう)さん・すみゑさん(現東松島市在住)

経三郎さんは、仕事で手がけた新築住宅の引渡しのため、宮城県の県南にある亘理町にいました。
大きく揺れた後、住宅の安全を確認し車に乗り込み自宅がある長面へと向かいました。
妻すみゑさんは、映画館内におりその後、三男の息子さんがいる長面の自宅へ帰ろうとしましたが・・・。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第32回放送 (平成26年6月18日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2832-1292014-06-18.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2832-2292014-06-18.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル57「石巻市雄勝町 徳水利枝さんの3.11とそれから…。」



徳水さんは、亡くなったお母様が住んでいた実家跡地に雄勝花物語ローズファクトリーガーデンをつくり、バラを中心にさまざまな季節の花を咲かせています。
 ガーデンは、ご自身、地域の皆さん、支援団体、雄勝を訪れるボランティアによって整備され、近くを通る車の中からでも目を引くものとなっています。ご自身の震災体験と共に、ガーデンをつくった思いを伺っています。

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第31回放送 (平成26年5月21日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2831-1292014-05-21.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2831-2292014-05-21.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル56「自然とともに生きる 田代島・満福寺住職 永松賢道さんの3.11」


 永松賢道さんは、宮城県石巻市の離島・田代島にある2つの寺の住職を兼務されています。
 東日本大震災が発生した2011年3月11日、あの日あの時、永松さんは島ではなく石巻市内の自宅にいました。そこは、海に程近い地域で、大きく揺れたあと大津波警報を耳にし避難。自転車で内陸へと走りました。
 発災から数日間は、実家の寺でご遺体の収容などをサポート、安置所、仮埋葬場が設けられると、地元のお坊さん達とともにご供養になればとお経をあげに通いました。気がかりだった田代島へは3月末に渡りました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第30回放送 (平成26年4月16日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→2830-1292014-04-16.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2830-2292014-04-16.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル55「東松島市矢本 津田守さん」


津田さんは当時62歳。東松島市大曲浜にお住まいでした。
現在もシーズンにはさんま漁船に乗り込み出漁する生粋の海の仕事人です。
震災で自宅は流出し、奥様のとみ子さんと、次男の仁さん、三男の智さんを亡くされています。
震災直後の様子、状況、そして、それでも海に出る津田さんの思いをうかがっています。
今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第29回放送 (平成26年3月19日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2829-1292014-03-19.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2829-2292014-03-19.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル53「復興へ音を紡いで・・・3.11石巻こども音楽祭」
 あの日から3年を迎えた、2014年3月11日。被災地では、追悼式をはじめ多くの鎮魂行事や復興を願うイベントが開かれ、人々はそれぞれの思いを胸に、3月11日という日を過ごしました。
 このうち石巻市内にあるショッピングモールでは、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈ると共に、子供達の未来が明るく輝かしいものでありますようにと願い、こども達の歌声とメッセージでつづる音楽イベントがくりひろげられました。
訪れた市民のひとりは、「3月11日を迎える度に、あの日を思い出し辛くなることもありますが、元気なこども達の笑顔は、こちらも笑顔になるし救われますね。」と語っていました。
【演奏】
 ・東松島市矢本はなぶさ幼稚園 園児メッセージ・歌「花は咲く」
 ・シンガーソングライター幹 「我は海の子」


アーカイブスファイル 54「あの日うまれた命 3月12日 しゅんすけ君 誕生」
 多くの尊い命が奪われた一方であの日、宮城・福島・岩手の被災3県では、あわせて104人の命も産まれました。
104人の赤ちゃんは今年3歳に。日々成長する子供達の姿は、私達に勇気を与えてくれる存在となっています。
2011年3月12日午後6時12分、
石巻市の民家に元気な産声があがりました。 東京都杉並区に住む寺田雪さんは当時、出産を控え
宮城県石巻市の実家へと里帰りしていました。大震災発生、そして津波・・・。
予定日より早く、あの日、陣痛が起き避難所へ。そして、多くの手を借り出産。
寺田雪さんと春介君のお話です。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第28回放送 (平成26年2月19日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2828-1292014-02-19.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2828-2292014-02-19.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル52「東松島市新東名 新妻佳子さん」
新妻さんは震災の一年ほど前、それまで暮らしていた埼玉から、風光明媚な東松島で両親と暮らすため、東松島市新東名地区に移り住みました。震災当日の体験、地域の様子、そして現在活動に参加している東松島ステッチガールズについてお話を伺っています。
今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第27回放送 (平成26年1月15日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2827-1292014-01-15.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2827-2292014-01-15.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル50「菊池英行さんの3.11」
宮城県石巻市山下町在住の菊池英行さん(65)は、元高校教師。
東日本大震災以降は、全国からの教育・福祉関係者を中心に被災地を訪れる人々の案内役をボランティアで行っています。
あの日あの時、菊池さんは石巻市内のホームセンターで買い物の途中でした。大きく揺れた瞬間は、まるで大きな洗濯機の中で洗われる様な感覚で、しばらく店内から出られませんでした。
その後、なんとか外へ出た菊池さんは一人、車に乗り、自宅へとむかいます。
そんな菊池さんの3.11~今日までのお話を伺いました。

アーカイブスファイル51「被災地で集められた思い出の写真達」
東日本大震災では、被災地域の瓦礫・泥の中から写真やアルバム、位牌、遺影などたくさんの思い出の品々が回収されました。
多くが津波によって流されたものでしたが、それらは、ボランティアの手によって一つひとつ丁寧に洗浄され公開。展示会場で自分のものと確認されたものは、持ち主の元へと返されました。
後に、被災写真は画像デジタルデータ化されパソコンで閲覧できるようになり、平成24年7月以降、市役所内での公開をはじめ、各仮設団地等での出張公開も行われ、さらに多くの人々が容易に確認することが出来るようになり、返却も順調に進みました。
このうち、唯一現物を見て確認することができるのが、石巻市雲雀野町にある「思い出の写真デジタル公開センター」です。ポケットアルバムなどにきれいに整理された中から、大事な家族の写真等を真剣に探す人々の姿があります。しかし、あの日からまもなく3年が経とうという中、返却枚数が減少し写真の劣化も進んでいることから、管理する石巻市は現物の閲覧、返却を終了することを決め、デジタル公開センターは今年2月28日で閉所されることになりました。
今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第26回放送 (平成25年12月18日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2826-1292013-12-18.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2826-2292013-12-18.mp3ファイル名押下で再生

今回は、12月上旬に迎えた東日本大震災から1000日の話題と、
アーカイブスファイル49 東松島市牛網 株式会社桜井建設 桜井一義さん
地元の建設会社として奮闘した震災直後の状況と、桜井さんが発起人となり、11月下旬に設立された東松島市工務店協同組合について
お話を伺っています
今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第25回放送 (平成25年11月21日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2825-1292013-11-21.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2825-2292013-11-21.MP3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル47「支援から協働へ~被災地の現状を見つめ石巻の再生復興を考える 」

今年2013年10月に行われた「第12回全国異業種グループネットワークフォーラム全国大会IN石巻」シンポジウムから、まちづくりに取り組む地元パネリストの声を中心に取り上げ、それぞれの視点から見える現状と、取り組み、街づくりへの思い等をご紹介しています。

アーカイブスファイル48「兵庫からの被災地支援~きずなガーデン作り」
花と緑、ハーブで癒しの空間を提供しようと10月2日に、宮城県石巻市にある障がい者福祉施設「第2ひたかみ園」で行われた、兵庫県からの支援団体によるガーデン作りを取材しました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第24回放送 (平成25年10月18日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2824-12920131-10-18.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2824-2292013-10-18.MP3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル46「 海で生きる 三陸の珍味ホヤ養殖再開 渥美貴幸さんの3.11 」
宮城県石巻市谷川浜 漁業 渥美貴幸さん

今回は、宮城県北東部に位置する牡鹿半島石巻市谷川浜(やがわはま)で主にホヤ養殖漁業を営む渥美貴幸さん(当時28歳)からお話しを伺いました。
牡鹿半島には、緑豊かな山々と青い海が広がるリアス式海岸があり、東側には離島・金華山があります。そのリアス海岸ひとつひとつの浜には集落があり、カキ・ホタテ・ホヤ・ワカメなどの産地として、養殖漁業が盛んなことでも知られています。その一つに渥美さんが住んでいた谷川浜があります。震災前の谷川浜には62世帯167人が住んでいました。今般の震災では12人が亡くなり13人が行方不明となりました。
渥美さんは現在、牡鹿半島の20代から30代の若手漁師で立ち上げた「三陸復興青年会」のメンバーの一人でもあります。若い力で三陸の漁業を復活させ「自分達に今出来ることを・・・。」と、自慢の海の幸を全国発信しています。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第23回放送 (平成25年9月18日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2823-1292013-09-18.wmaファイル名を押下で、番組再生
スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2823-2292013-09-18.mp3ファイル名押下で再生

今回は…
アーカイブスファイル44 「本田水産株式会社(宮城県石巻市流留)  代表取締役 本田 太 さん」
牡蠣を中心に水産加工品を扱っている本田水産は、震災で建物は流されなかったものの、80センチの浸水により、大きな被害に遭いました。
仕入先である牡蠣養殖場も甚大な被害があり今なお苦しい状況が続いています。震災当時のお話から、現在の状況などを本田社長に伺いました。

続いて…

アーカイブスファイル45「豪華客船『ぱしふぃっくびいなす』石巻港に入港」
今年8月に復旧したばかりの石巻港中島埠頭に、入港した豪華客船
「ぱしふぃっくびいなす」。
その、入港当日の様子をお伝えします。

今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第22回放送 (平成25年8月21日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2822-1292013-08-21.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2822-2292013-08-21.MP3ファイル名押下で再生

今回は…
アーカイブスファイル42 「東日本大震災を乗り越え会社再建 新社屋は津波避難ビルに」
宮城エキスプレス株式会社(宮城県石巻市魚町)の代表取締役 宇都宮博行さんにお話を伺いました。

続いて…

アーカイブスファイル43「東日本大震災復興祈念事業 明日へと響け復興のつち音」
7月27日から8月2日までの期間開催された「石巻市震災復興記録写真展についてと
初日にあったオープニングセレモニーの模様をご紹介致します。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第21回放送 (平成25年7月17日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2821-1292013-07-17.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2821-2292013-07-17.mp3ファイル名押下で再生

第21回を重ねる今回は…
アーカイブスファイル40 「青い海と命を守る人達」
石巻海上保安署署長菅原博宣さんに当時のお話を伺いました。
併せて、海水浴シーズンを迎えて、被災地でも海開きしたことから海での備えについて伺っています。

アーカイブスファイル41「東日本大震災復興祈念事業・カンタータ大いなる故郷石巻~10年ぶり5回目の公演~」
石巻の音楽財産「カンタータ大いなる故郷石巻」が6月23日 石巻総合体育館を会場に開催されました。
1973年の石巻市市制40周年を記念し制作された「カンタータ大いなる故郷石巻」。市民の手で10年ごとに再演されながら伝えられてきた舞台で、今回震災後初の公演となり、ステージの模様を取材しました。

今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第20回放送 (平成25年6月19日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2820-1292013-06-19.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2820-2292013-06-19.mp3ファイル名押下で再生

今回は、ピアノ教師 藤木美津子さん(石巻市新橋)に震災当時のことを伺った模様と、
2012年6月に結成された石巻ジュニアジャズオーケストラについて、バンドの演奏をお伝えするとともに、発起人の石垣敦さんにお話を伺いました。
今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第19回放送 (平成25年5月15日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2819-1292013-05-15.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2819-2292013-05-15.mp3ファイル名押下で再生

今回は、石巻市立町・復興ふれあい商店街で電気店をご家族で営んでいる、大森敏江さんに当時のことを伺いました。大森さんは津波被害が甚大であった石巻市湊地区にお店があり、お住まいになっていました。
大森さんは、震災後、数々の想いを詩に込めその詩が1曲の歌になりました。
ぜひ、お聞きください。
今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第18回放送 (平成25年4月17日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2818-1292013-04-17.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2818-2292013-04-17.mp3ファイル名押下で再生

今回は、HP石巻百景 運営制作している日下羊一さん、まりさんへのインタビューと、
東松島市にある航空自衛隊松島基地所属ブルーインパルス帰還イベント、「お帰り!ブルーインパルス」の模様などをお送りします。
今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第17回放送 (平成25年3月21日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2817-1292013-03-21.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2817-2292013-03-21.mp3ファイル名押下で再生

今回は宮城県石巻市のお隣、東松島市からの話題です。浜市小学校閉校、校舎とのお別れ会についてと、浜市小学校区の牛網地区にお住まいの齋藤守さんへの
インタビューです。
今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第16回放送 (平成25年2月21日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2816-1292013-02-21.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2816-2292013-02-21.mp3ファイル名押下で再生

今回は、チームわたほい代表 遠藤伸一さんにお話をうかがっています。
遠藤さんは現在44歳。
「木遊木(もくゆうぼく)」という木工工房を営んでいらっしゃいます。
わたほいとは 渡波(わたのは)保育所の略です。
震災当時渡波保育所に避難していた皆さんがチームを立ち上げ、
現在も地域のお年寄りや、遠くからのボランティアの皆さんの支援を行っています。
遠藤さんには、震災当時のお話からうかがっています。
以上をお伝えします。今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第15回放送 (平成25年1月17日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2815-1292013-01-17.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2815-2292013-01-17.mp3ファイル名押下で再生

今回のテーマは「ありがとう さようなら 私たちの学校」です。
東日本大震災で被災した学校校舎の解体工事が、現在進められています。
石巻市内で解体が決まった校舎は、雄勝・船越・相川・吉浜・谷川小、渡波・雄勝各中学校です。
さらに閉校となるのが、相川・吉浜小・谷川小においては昨年閉校となりました。
昨年12月には各学校で校舎とのお別れ会が開かれ、このうち吉浜小と渡波中を取材しました。被災地の今を伝えます。ぜひ、お聞きください。
以上をお伝えします。


第14回放送 (平成24年12月20日ラジオ石巻放送分) 

WindowsMediaPlayer形式→→2814-1292012-12-20.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2814-2292012-12-20.mp3ファイル名押下で再生

今回は、
アーカイブスファイル27「記録する。伝える。石巻日々新聞」
2012年11月 石巻中心部にオープンした石巻ニューゼについて、さらに震災時の石巻日日新聞の状況、対応について、石巻ニューゼ館長で、震災当時石巻日日新聞 報道局長だった武内宏之さんにお話を伺います。

アーカイブスファイル28「ことばを歌に乗せて」
 復興を応援する合唱曲が誕生。 披露会での復興応援歌「ことば」の合唱をお送りします。
以上をお伝えします。今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第13回放送 (平成24年11月15日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→2813-1292012-11-15.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2813-2292012-11-15.mp3ファイル名押下で再生

今回は、「東日本大震災3.11 鎮魂の日・防災の日制定を検討」のニュースと、被災者の思いを受け止めがら、ご家族の笑顔を描き続ける石巻市の似顔絵師、熊谷祥徳さんのインタビューをお伝えします。
今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第12回放送 (平成24年10月18日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→2812-1292012-10-18.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2812-2292012-10-18.mp3ファイル名押下で再生

今回は、宮城県タクシー協会石巻支部 支部長、宮城交通株式会社 代表取締役五十嵐初栄さんへのインタビューと今年九月に行われた中学生による少年の主張 石巻地区大会から「石巻市立山下中学校三年 木村友紀さんの発表『心の松原』」をお送りします。今回のナビゲーターは後藤恭子です。


第11回放送 (平成24年9月20日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→2811-1292012-09-20.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2811-2292012-09-20.mp3ファイル名押下で再生

放送開始から一年を迎え第11回となる今回は「3.11見えない、見えにくい中での被災。視覚障がい者の方々に聞く」と題し、石巻視覚がい者福祉協会の皆様からご協力を得て、石巻市内にお住まいになっている立見憲一さん62歳(十三浜)、辻敞さん66歳(大街道東)、越中美智枝さん(中里三丁目)、高橋知子さん40歳(中里四丁目)、佐々木美紀子さん58歳(新栄)、石巻視覚障がい者福祉協議会会長・南伸子さん61歳(蛇田)、それぞれの方々からお話しをお伺い致しました。
今回のナビゲーターは高橋幸枝です。


第10回放送 (平成24年8月24日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→2810-1292012-08-24.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→2810-2292012-08-24.mp3ファイル名押下で再生

第10回を迎える今回は、良質の海苔を生産し「皇室献上の浜」復活を目指し、営業を再開している東松島市・のり工房矢本についてと、7月31日~8月1日の2日間、石巻市中心部にて行われた第89回石巻川開き祭りについてお伝えします。
ナビゲーターは後藤恭子です。


第9回放送 (平成24年7月19日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→289-1292012-07-19.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→289-2292012-07-19.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル19 「とにかぐ にげっぺ!」石巻市総合防災訓練
7月8日(日)に石巻市内全域、全市民を対象に震災後初めて実施された総合防災訓練の模様を石巻市大橋地区仮設団地にて取材しました。

アーカイブスファイル20 石巻市十三浜 千葉宏一さん(当時64歳)

アーカイブスファイル21 第一回仮設対抗スポーツ大会
石巻市仮設住宅団地自治連合会の主催により、7月1日(日)に行われた同大会の模様をお伝えします。


第8回放送 (平成24年6月21日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→288-1292012-06-21.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→288-2-2292012-06-21.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル16 東松島市矢本 浅野明美さん(当時55歳)
勤務していたJR石巻駅近くの石巻グランドホテルから自宅まで徒歩で帰宅した体験談。
急遽避難所となった石巻グランドホテルの震災当日についてなども。

アーカイブスファイル17 雄勝町に復活したガソリンスタンドについて
建物が津波によりほぼ流出した雄勝町に 宮城県漁協雄勝町東部支所運営のガソリンスタンドが復活。
経緯などを県漁協雄勝町東部支所運営委員長 大和久男さんに伺いました。


第7回放送 (平成24年5月17日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→287-1292012-05-17.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→287-2292012-05-17.mp3ファイル名押下で再生

アーカイブスファイル14 東松島市大曲 阿部ちよこさん(当時65歳)
被害が大きかった大曲地区。阿部ちよこさんの自宅も、納屋を残して流失しています。
震災当時の状況から、現在の心境までを伺う。


アーカイブスファイル15 仮設団地に「安心安全センター」「臨時交番」開設
石巻市最大の仮設団地・開成地区仮設住宅に開所した安心安全センターと、臨時交番開所式を取材。


第6回放送 (平成24年3月26日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→286-1292012-03-26.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→286-2292012-03-26.mp3ファイル名押下で再生

東日本大震災から1年」をテーマに石巻市地域で行われた追悼式、慰霊祭の模様を紹介するとともに、石巻アーカイブスプロジェクトメンバーでラジオ石巻パーソナリティの4人が当時を振り返る。

紹介:平成24年3月11日 石巻市追悼式、東松島市慰霊祭
出演:石巻アーカイブスプロジェクトメンバー
   佐藤優子・後藤恭子・松浦佳奈・高橋幸枝


第5回放送 (平成24年2月27日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→285-1292012-02-27.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→285-2292012-02-27.mp3ファイル名押下で再生

「伝統文化を今ここに、未来へつなぐ郷土芸能」をテーマに被災地域で脈々と続いてきた伝統文化を震災にも負けず地域の力で再開・復活した地元郷土芸能「おめつき」「女川町江島訪印神楽」の話題を放送。

ご出演:石巻市雄勝町名振地区 名振新生会代表 大和久男さん
    名振秋葉神社氏子会メンバー 大和恵一郎さん
    名振秋葉神社氏子会メンバー 福田和樹さん
    女川町江島法印神楽保存会 副会長 中村さん
    宮城県伝統文化活性化事業推進委員会 有識者会議委員長 佐藤雄一さん


第4回放送 (平成24年1月30日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→284-1292012-01-30.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→284-2292012-01-30.mp3ファイル名押下で再生

特集「学校は今」。震災発生から10ヶ月、被災地の小学校の現状を紹介。津波被害が甚大だった石巻市北上地区にある橋浦小学校・相川小学校・吉浜小学校は今、3校がひとつの校舎で学んでいる。小山校長はじめ児童へ伺った。この他、荻浜小学校であった地元漁協女性部によるお魚料理教室を取材し児童の様子を紹介。最後に平成23年度少年の主張石巻地区大会から中学生の発表の模様を放送。

ご出演:橋浦小学校 校長 小山敦夫さん
    石巻市教育委員会教育総務課 大崎正吾さん・西城芳光さん
    荻浜小学校 校長 松浦達夫さん
    宮城県漁協石巻支部女性部 江刺みゆきさん


第3回放送 (平成23年12月26日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→283-1292011-12-26.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→283-2292011-12-26.mp3ファイル名押下で再生

2011年を振り返り、震災後被災地で開かれた復興イベントを紹介。この他、被災者の声アーカイブとして、東松島市で被災した親子の話、石巻工業港を目の前に津波被害が甚大だった石巻市釜地区に住んでいた市民へのインタビューを紹介。

ご出演:東松島市 小畑和子さん
     石巻市仮設南境団地在住 阿部一博さん
     石巻市大橋団地在住 三浦 勲さん
紹介催事:平成23年6月11日開催「立ち上がれ宮城!響け明日の宮城へ!復興祭」
       平成23年10月10日開催「みんなの祭り無礼講 石巻篇」
       平成23年10月16日開催「おらほの復興市」


第2回放送 (平成23年11月28日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→→282-1292011-11-28.wmaファイル名を押下で、番組再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→282-2292011-11-28.mp3ファイル名押下で再生

被災地を支える人達」をテーマに、震災後石巻市でさまざまな支援活動を行ってきた方々へのインタビューと、石巻市を訪れた視察団への取材から「外から見た被災地」を取り上げています。最後に平成23年度少年の主張石巻地区大会から中学生の発表の模様を紹介。

ご出演:一般社団法人 石巻災害復興支援協議会 会長 伊藤秀樹さん
     一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター
                      プログラムオフィサー 小林深吾さん


第1回放送 (平成23年10月31日ラジオ石巻放送分)

WindowsMediaPlayer形式→281-1292011-10-31.wmaファイル名押下で再生

スマートフォン・iPhone・iPad・iPodで再生→281-2292011-10-31.mp3ファイル名押下で再生

津波被害で家屋が流失、全壊となり避難所生活を余儀なくされた市民の声を放送。
さらに、特集として楽しい日本語教室再開についてと被災地に住む在住外国人の方々の被災体験を。この他、平成23年度少年の主張石巻地区大会から中学生の発表の模様を紹介。

ご出演:石巻市渡波小学校避難所 高橋 誠さん
    石巻市門脇中学校避難所 浜谷勝美さん
    韓国出身:松川友紀さん
    ボリビア出身:鈴木セルバさん
    中国出身:張富艶さん・美麗君さん
.


※本データをダウンロードしての二次使用はご遠慮ください。